タトゥーを除去する理由

タトゥーを除去する手術が話題を呼んでいます。

今芸能人でもタトゥーを入れる方が多く、一般の方でも入れる方が増えてきました。昔タトゥーといえば日本では暴力団の方が入れる物として認識されており、一般人で入れる人はほとんどいませんでした。


ところが近頃は海外の有名スポーツ選手からセレブまでファッションとしてタトゥーを入れていることから、若い人を中心にタトゥーを入れる動きが見られようになったのです。

タトゥーはオシャレに見える反面、デメリットもたくさんあるということを覚えておきましょう。

これを知らずに気軽にタトゥーを入れてしまうと後で後悔することになります。タトゥーを入れることによって起こるデメリットの一つが、公共施設によっては入場を制限されてしまうことです。

温泉やプール、サウナに行ってリラックスしたり遊ぶ機会も出てくることでしょう。しかしながらそういった場所ではタトゥーや刺青を入れている方は入場を断られてしまうケースが多いのです。

施設によってはタトゥーの部分をTシャツやラッシュガードにて隠せば入場を認めてくれるところもあるのですが、基本的には入場を断られると思った方がいいでしょう。友達と連れだって公共施設に出かけたとしても、タトゥーを入れていれば自分だけ入場を断られてしまうのです。

タトゥーを隠して入ればばれないと思って入場できたとしても、後で裸になれば簡単にばれてしまいます。もしも嘘をついて入場したことがわかれば、施設の方から厳しく注意されてしまうでしょうし、その施設を今後も利用しにくくなります。

タトゥー除去におすすめクリニック

渋谷美容外科クリニック

渋谷美容外科クリニック

渋谷美容外科クリニックは、渋谷、新宿、池袋、横浜にあり、夜間診療も受け付けています。タトゥーをただ消すだけでなく、きれいに、計画的に消していけるクリニックです。刺青のタイプや部位、サイズに応じた料金設定なので、適正な価格でタトゥー除去ができます。レーザー除去と切除法の2種類から、適切なものを選ぶことができます。ちいさなワンポイントタトゥーなら、10,000円から施術が受けられます。まとまったお金がない方でも、医療分割ローンで支払うことができて安心です。

渋谷美容外科クリニックの公式サイトへ

川崎中央クリニック

川崎中央クリニック

川崎中央クリニックでは、日本初導入となるピコレーザー「スペクトラピコ」を使ってタトゥー除去施術を行います。川崎中央クリニックなら、カラータトゥーも1回で除去が可能。スペクトラピコは従来のレーザーに比べて痛みや副作用が軽減されており、効果が高いのが特徴です。レーザー治療や切除治療のほか、川崎中央クリニックでは皮膚移植によるタトゥー除去も行っており、広範囲のタトゥーや、できるだけ早くタトゥーを除去したい方に向いています。

川崎中央クリニックの公式サイトへ

東京美容外科

東京美容外科

東京美容外科では、7,800円(1cm×1cm)という低価格で、タトゥー除去ができます。痛みの少ないレーザー手術のほか、切開法や、剥削法など、タトゥーの種類や大きさにあった施術で、きれいに確実なタトゥー除去ができます。東京だけでなく、全国各地に医院があり、経験豊富な美容外科医の治療が受けられます。施術を受けたあとは、いつでもアフターサービスを受けることができ、万が一トラブルが起きた時も東京美容外科なら安心です。

東京美容外科の公式サイトへ

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックは全国各地に医院がある、大手美容外科クリニックです。症例数も非常に多く、機械も複数導入しているため、あらゆるタトゥーへの対応が可能。「傷跡を残さないように」「できるだけ早く!」といった要望に、丁寧に応えてくれるクリニックです。7,900円でトライアルも行っており、施術を体験することができます。打ち放題コースは、満足できるまでタトゥー除去ができると人気です。モニター割引もあるので、施術部位を公開してもいいという方は、湘南美容外科クリニックのモニター制度を活用しましょう。

湘南美容外科クリニックの公式サイトへ

タトゥーを除去するのはレーザーが人気

タトゥーを除去するのにいろいろな方法があります。

タトゥーがあることで、不利な想いをすることは、実に多いものです。入れてしまったあとで後悔するケースは非常に多いのも実情です。

入れてしまったタトゥーを除去したいときは、専門のクリニックに行って消してもらうしか方法がありません。タトゥーを除去する方法にはいくつかありますが、一つにレーザーにて除去する方法があります。

レーザーはさまざまな分野で用いられている医療機器であり、脱毛やほくろやそばかすの除去などにも用いられています。レーザーは色素の濃い部分にだけ反応する特徴がありますので、タトゥーで入れ込んだ墨の部分にだけ反応して、瞬間的に高い熱をその部分にだけ与えることで墨の色素が破壊されます。そのおかげでタトゥーが目立たなくなるのです。

レーザー治療は手軽に受けられるタトゥー除去方法なのですが、デメリットもあります。それはタトゥーを完全に消すことが難しい点です。レーザー治療を受けることで一見タトゥーが綺麗になったように感じるのですが、完全にそれを消すことは難しくよく見るとその跡が残ってしまうからです。

レーザー脱毛などではレーザーの力でムダ毛をきれいに処理できるのに、なぜタトゥーに関してはきれいに消すことが難しいのでしょうか。それは皮膚の構造と関係しています。タトゥーは皮膚に墨を彫り込んでいくのですが、レーザーにより墨の部分を照射すると高い熱を受けたその部分が火傷を起こします。

火傷を起こした部分は一時的に皮膚がめくれてしまうのですが、その後また新しい皮膚が生えてきます。それがタトゥーの墨の部分を覆ってしまうようになり、レーザーの力が届きにくくなってしまうからです。

完全にキレイにできるわけではないですが、場合によってはほとんど目立たなくなるようです。

タトゥーを除去するのにレーザーの効果は完全ではない

タトゥーを除去する方法として、レーザー治療が選択肢の一つですが、その具体的な効果とは?

自分の意志で入れてしまったタトゥーですが、それを入れるデメリットは多々ありあとになってから入れたことを後悔する方は少なくありません。タトゥーを除去する方法にはいくつかの手段がありますが、除去方法を受ける際に疑問や不安が出てくることと思います。

レーザー治療もタトゥー除去のポピュラーな方法なのですが、レーザー治療に関してよく寄せられる質問の一つがレーザーできれいにタトゥーが治療できるかどうかということです。

レーザー以外の治療法としては、タトゥーを入れている部分の皮膚や墨の部分を削り取る手術法になりますので、それを聞いているだけでも痛みを伴いそうに感じます。

レーザーの場合はタトゥーの部分にピンポイントで高い熱エネルギーを与えて墨の部分を分解してタトゥーを目立たなくしてくれるのです。しかしながら、デメリットとしてタトゥーを完全に消し去ることが難しくなるのです。

つまりタトゥーをきれいに除去する方法としてはレーザーは適さないと言うことになります。その理由はタトゥーを照射することでその部分に耐性ができてしまうからです。

レーザーを当てた部分は高い熱エネルギーが加わりますので、火傷を起こしてしまうのですがその火傷から回復するときに皮膚がタトゥーの部分を覆ってしまいます。それがレーザーを墨に届きにくくする原因となってしまうのです。

それなのでその状態で何度もレーザー治療を受けたとしても、その効果を得ることが難しくなってしまうのです。タトゥーの跡をきれいに消したいときは、他の方法を選択するかレーザーと他の方法を組み合わせるのがいいでしょう。

タトゥーを除去する切開法

タトゥーを除去する方法として、タトゥーが彫り込まれている皮膚の部分を切開する切開法という手段があります。タトゥーが入っている部分を皮膚ごと切り取って、その両側を縫い合わせます。

病気やケガの治療でも手術を受けることがありますが、その際は皮膚を切開してその内部の患部を治療する手術が行われますので、皮膚の面積が減少することはありません。

しかしながらタトゥーの切開法ではタトゥーを入れている部分の皮膚を丸ごと切り取ってしまうわけですから、それだけ皮膚の面積が減少してしまうことになるのです。

それなので切開手術が適しているのは、タトゥーの面積が比較的小さい方です。レーザー治療で目立たなくすることもできるのですが、完全に消し去ることは不可能です。

切開治療することでタトゥーがきれいになりますので、タトゥーが薄く残るようなこともありません。医師の判断にもよりますが、面積の大きい皮膚に関しては切開手術は適していません。

また部位によっても切開に適した範囲が異なります。お腹など比較的皮膚が余っていて伸びやすい部分なら、5センチ以内のタトゥーなら切開法にて除去が可能だと思われます。

小さい切開傷でも後遺症で苦しむケースが少なくありません。皮膚を切り取って縫い合わせた場合、皮膚が自然に伸びてくると思っている方も多いのですが、残念ながら皮膚は伸びないのです。

普通に生活しているだけで切開法の手術を受けた部分に余計な刺激が加わってしまって、違和感がいつまでも残ってしまう、かゆみは引きつれといった感覚をずっと感じ続けることにもなりかねません。

タトゥーを除去して皮膚を移植する植皮法

タトゥー除去の方法に植皮法という手術法があります。これはタトゥーを入れている部分を皮膚ごと切り取って、タトゥーを入れていない部分の皮膚を切り取ってそれをタトゥーを取り除いた部分に移植するという手術法になります。

タトゥーをきれいに消し去る方法に切開法という方法があります。これはタトゥーを入れている部分を皮膚ごと切り取って、その部分を縫い合わせるという手術法になります。

ところが皮膚は切り取った部分を縫い合わせても皮膚が伸びて元通りになるわけではありませんので、切り取る面積がごく小さい物に限られていました。またタトゥーは皮膚の奥深くまで墨が入っているため、完全にきれいにするためにも皮膚を深めに切りとる必要があるのです。

それなので皮膚が完全に再生するまで時間がかかるため、縫い合わせて切り取った跡を目立たなくするのです。しかし中には体の広範囲にわたってタトゥーを入れている方もおり、そういった方がタトゥーをきれいに消したいときは適さない方法だったのです。

そこで皮膚の余っている部分を切り取った皮膚の部分に移植することで、広範囲のタトゥー除去手術が可能になりました。しかしこの植皮法でもデメリットや後遺症が残る危険性は持ち合わせています。

タトゥーが広範囲にわたっていた場合、切り取る面積も大きくなってしまいますのでその傷跡が目立ちやすくなります。また手術を受けた部分が赤くはれあがってしまったり、かゆみを引き起こすこともあります。こういったトラブルや後遺症があることを知った上で、手術を受けるようにしましょう。

刺青の消したいならコチラで探そう!